消費者金融の金利について

金利の低い消費者金融はどこ?

 
消費者金融に限らず、銀行やクレジットカード会社でキャッシング・カードローンを利用すると、融資額の元金に対し利息がつきます。
元金に利息を足して返済することが大前提で融資が発生しますが、具体的な返済方法を約束できないと融資は成り立ちません。

基本的には銀行ローンは最も利息は低く、消費者金融はやはり高いほうです。
ですが、銀行の住宅や車・教育ローンや銀行カードローン等の審査は厳しくて時間がかかってしまいますが、消費者金融はそんなことはなくスムーズに借りれる印象があります。
高額の融資でない限り、多少利息が高くても、すぐに借りれて、さほど厳しくない消費者金融を利用したほうが良いというのが正直なところではないでしょうか。

 

では、その中でも金利の低い消費者金融はどこでしょうか?

大手3社に絞って比較してみました。

プロミス
4.5%〜17.8%。
アコム
4.7%〜18.0%。
モビット
4.8%〜18.0%。

 

これを見る限りだと、プロミスが少し低いですね。

金利を理由に選ぶとすればプロミスでしょうか。

 

※それぞれ、実質年率で表記しています。

 

では、具体的な数値を計算式で出してみましょう。

 

10万円を30日借りた場合はどういう計算になるのでしょうか。
計算式はこちら。

[ご利用金額] × [借入利率] ÷ 365日 × [ご利用日数]= [利息]

プロミスの場合、
金利17.8%の例/10万円を30日間借りた場合はどういう計算になるのか。

[10万円] × [17.8%] ÷ 365日 × [30日] = [1,463円]

では、アコムの場合はどうでしょう。
こちらは実質年率が18.0%です。

[10万円] × [17.8%] ÷ 365日 × [30日] = [1,479円]

少し差はありますが、ほとんど変わらないという印象も受けます。
この金利の差で選ぶか、もしくはそれぞれのサービスの差で選んでみても良いのではないでしょうか。

 

ちなみに、公式サイトにある、この実質年率ですが、
4.5%〜17.8%と、振り幅がありますね。
勝手に低い利率のほうで計算してしまいたくなるかもしれませんが、初めて利用される方のほとんどは高い利率のほうで計算されます。
この数値の幅は、融資額で決まってきます。利用回数も影響はあるかもしれません。
初めてで、10万円の融資ですと、間違いなく高い利率のほうになります。100万円、300万円の融資となってようやく10%切るくらいでしょうか。
ならば、4.5%というのはどんな額なんでしょう?
公式サイトには、500万円までが融資の限度額とあります。それくらい借りないとその利率は得られないわけですね。

 

【実質年率】
消費者金融の公式サイトに掲載されているキャッシング・カードローンの金利は、年単位で計算してあります。1年間借りた場合の元金に対してかかる利息の割合です。最初に借りた額を返済し終わらないうちに次の額を借りても複雑にならないように実質年率で統一してあります。