消費者金融からの職場電話について

消費者金融からの職場への電話なしで借りたい!

 
借り入れ申し込みをすると、その審査のひとつとして職場に在籍確認と呼ばれる電話による審査がかかってきます。

本来であればこの審査は必須ですが、最近では勤務先に色々な事情がある方のために電話での在籍確認なしにして、かわりに直近の給与明細や社員証などの書類を出すことで代替措置とする審査の流れが人気です。

 

在籍確認の電話ってどんな内容なのか?

会社にかかってくる電話連絡はやはり不安ですよね。すぐ近くには同僚や上司がいるので、会話の内容が聞こえたらどうしよう?なんて不安もよぎります。

 

しかし、消費者金融の名前ではかけてきません。

担当者の個人名でかけてきます。取引先からの呼び出しなどに思われるように配慮してくれます。

 

そして、会話の内容は、住所や生年月日の確認程度で、時間にするとものの2〜3分です。あっけないほどにカンタンな電話審査にはなりますが、それでもわずらわしいものです。

 

在籍確認の際、自分が不在でも大丈夫?

はい、不在でも同僚の方などが出てくれれば問題なしです。

 

やはりどんなにカンタンな審査だといっても、やはり電話連絡なしで借りたいものです。消費者金融でキャッシングをすることはできれば誰にも内緒にして言いたくないですよね。

 

ましてや、出世などが絡んでる職場では人事や上司などに借金がばれてしまうと査定に響いたりしますから、できれば在籍確認の電話連絡なしでカードローンができればベストでしょう。

 

最近ではインターネットの普及もあって、ネットから借り入れ申し込みをしておくとスムーズに在籍確認の電話連絡を回避して証明書類で借りれるようになる流れもスムーズにできますので、とても便利です。

 

また、借り入れはもちろんですが、返済も全国の店舗や提携銀行だけなく、コンビニATMでできますので、忙しいときでも安心です。

 

もし、用意できた書類だけでは不十分で、やはり在籍確認を電話で行うとなった場合でも、職場にはクレジットカード会社からの電話ということにしておけば問題なしでしょう。社会人としてはクレジットカードを持つのは当たり前ですし、2枚目3枚目を持つのも普通なことです。